ご近所猫

はんぺん以外の猫
10 /19 2017
はんぺん病気じゃないんだしーとか言っておきながら、昨日は帰りが遅かったり、夫も社員旅行で不在だったり自分の気持ちが落ち着かなかったのか、
帰ってからはんぺんのほっぺを触ったらしこりが大きくなってるように感じて・・・・
わーわー泣いてしまいました。

でも、はんぺんのしこりは触った角度によって大きさがかなり違うように感じるので、いつものように触ったら全然変わってなくてよかったです。

とまあこんな感じで日々泣いたり笑ったりで過ごしております。

-----------------------------------------------
我が家の周りはえさやりさんだらけ。
裏のおうちのお食事風景。
IMG_4525.jpg

一番手前がちえみWithBくんたちのお母さんの三毛ちゃん。
まるまる太ってみんなと仲良く暮らしています♪
5匹いますが全員避妊去勢済み。私と裏のおうちの方が何匹かずつTNRしました。

IMG_4341_20171019091624f2c.jpg
うちは餌をあげていないけどお水はおいてあります。
いつもこの子たちが裏のおうちの雨どいの水を飲んでいたので。お天気続きの時はお水飲めないですよね・・・
餌やりさんでお水まであげてくれるところはあまりないみたい。
お水を飲むついでに覗き見していきます^^

IMG_4343.jpg
後ろで待機していたのはこの子。
私がちょっと離れた餌やりさん宅(ナッツちゃんママがいたところ)でTNRした男の子だけど、そのお宅のおばあさんたちに嫌われていて最近は裏のおうちでよくみかけます。

で、おとといこの子がうーうーうなっていたので見てみたら白黒長毛の男の子が近くにいました。
白黒長毛君はおととしまで首輪をしていたので飼い猫だったのか迷い猫だったのか・・・・
発情期になると大きな声で鳴きまくって、でも首輪しているし手出しできませんでした。
去年ひどい疥癬になっていたのだけど、今はすっかりきれいになり、昨日見てみたら耳もカットされていました!
どなたがやってくれたのかわからないけどうれしかったです♪
これだけあちこちに餌やりさんがいる環境なら雄猫を去勢しても縄張り問題に影響なさそうでスパっとできますし、自分ひとりでTNRしてるんじゃない、って思うと本当に心強いです。それはお互いそんな感じかなと思います♪

これでうちの周りで避妊去勢していないのは小池さんパパだと思われる白しっぽシマシマくんだけ。いまのところ、ですけど。
頭が良くてなかなか捕獲器に入ってくれません・・・他の子は何回も入るのに!!

第二パニック期終了♪

癌との生活
10 /17 2017
本当はもっと違う記事を書いていたのだけどそれは後回しにして。

はんぺんが癌かもしれないと言われた9/30から2日間は第一パニック期。
もうひたすら泣いて過ごしました。

10/2から病理検査結果が出た10/4を挟んで昨日までが第二パニック期。
一日数回涙が出ることはあるけど、とにかくはんぺんの免疫アップと癌の進行を抑制しなきゃと必死で、癌によさそうなものを手当たり次第注文しまくりました。

そんな風にネットで癌の記事を読みまくってた時に見つけたのがこちら。
元気に!!楽しく!!犬や猫を長生きさせる秘訣 もしかして、人間も!!
永田高司さんという獣医さんの本の内容です。



いろいろ書いてあるのだけど、まあざっくりいうと犬猫はこんな風に考えているということ。

A犬「ワタシたちに医学的な治療をしてくださるのならば、症状が出てから、つまり何らかのかたちでワタシたちの生活の質が落ちてからにしてください。そうすればワタシたちは元気に楽しく長生きしま~す」

B猫「隠れている病気があってもそのままそっとしておいてください。そうすればワタシたちは元気に楽しく長生きしま~す」

C犬「病気で苦しんでいるワタシたちを楽にしてやろうというお気持ちはうれしいですが、症状を薬で抑えないでください。そうすればワタシたちは元気に楽しく長生きしま~す。症状は病気をやっつけるために大切なものなんですよ!」

D猫「受けたほうが得だと科学的に証明されている医療(証明の仕方はあとで説明しま~す)を受けさせてください。そうすればワタシたちは元気に楽しく長生きしま~す」

E犬「受けたほうが得だと科学的に証明されていない医療(ほとんどこれだと思いま~す)を受けてみるかどうか、それは最終的には飼い主さんが決めてください。そうすればワタシたちも飼い主さんも満足しま~す」


これを読むまでは、はんぺんは癌になってしまったんだから何かしなくてはいけない、何かしないと死んじゃう、早くなにか対処しないとひどくなっちゃう!!
って思い込んでいて、自分もはんぺんも追い込んでいました。
漢方薬を飲んでくれないとそれだけで落ち込んだり・・・・

でも、よく考えたら、癌やちょっとした病気って、すごく厳密に検査をしたら何らか見つかるようなものかもしれない。
私にももしかしたらすでに癌の子供が体のどこかにいるかもしれないです。
よくCMで「これが隠れたシミです!」ってまだ表に出ていないメラニンの塊を映して恐怖心をあおるようなものがあるけど、癌とか病気の素もそんな感じかもしれない。
隠れていていつか出てくるかもしれないけど出てこない限りは症状もないし、もしかしたら出てこないで吸収されちゃったり、それらが出てくる前に寿命が尽きる場合もあるかも。

そう考えたら、はんぺんは今は病気じゃないし、症状が出たらそれに対して対処すればいいかなと思ったのです。
そりゃ実際癌が見つかったんだからできるだけ抑えたいっていう気持ちは変わってないので漢方とか少しでもよいごはんに変えることはしますけど、でもよその犬猫だってもしかしたら無症状なだけで10歳にもなればどんな病気の素があるかわからないだけかなーと思ったのです。

まあそれははんぺんの癌がたとえ早期だったとしても手術できない、放射線は住んでる場所的に無理っていう状況だからであって、早期に抗がん剤を始めれば効果のあるリンパ腫とか腎臓系などだったらまた考えは違ったかもですけど。(ていうか確実に違うと思う^^;)

早期発見、早期治療が重要だという風潮があまりに強いせいで症状が出てから治療はじめたペットを飼っている飼い主が
「もっと早く見つけていれば・・・」って後悔するのは本当に辛いと思います。

症状が出る前に見つけて治療することが本当によかったかなんて、誰にもわからないんじゃないかなと思うのです。
そのかわり症状が出たらすぐに対処すればよいだけかなと思います。
(ペットの場合、その進行がめっちゃ早い場合が多くて、症状が出てからじゃ遅い、っていう強迫観念があるのは事実なんだけどね。)

こんな風に考えられるのもはんぺんが今元気で、まったく普通に生活できてるおかげです♪
猫のゴロゴロは病気を治す力もあるので、はんぺんがゴロゴロ言ってる時間が長い生活をする心がけをしたいと思います。

c72n2iCvj_c7HWO1508204658_1508204734.png
第二パニック期の過保護状態。
「はんぺんはおっさんなんだよ、ピンクのフリースって・・・・」って夫があきれ顔でした^^;

漢方薬

癌との生活
10 /16 2017
いろんな方からいろんなアドバイスをいただき心強いです♪
はんぺんは元気だし食欲旺盛、腫瘍も大きさ変わらずといった感じです。
先週末夫が試験でそれが終わるまでは夫に他のことを考える余裕はなかったと思うので、これで本格的にはんぺんのこと二人で考えられます♪
ていうか、今週も社員旅行だって!!

---------------------------------------
元同僚で今でも公私ともにメールのやりとりを続けている方にも、近況として猫に癌がみつかったことを知らせたら、

前に飼っていたワンコが心臓病と癌になり漢方を試したところ、結局心臓が悪化して亡くなったけど癌は抑えられたままだったと聞いて、その漢方を処方している病院を紹介してもらいました。

それ以外にも本当にいろいろ調べてくれて、すごくありがたいです♪

実は、、、ワンコの闘病中、大震災の影響で仕事が超忙しかったのもあるけど、私が大きなミスをして休日出勤させてしまったんですよね。。。
その時は知らなかったけどそのすぐ後にワンコが亡くなり、一番一緒にいたいときに本当に申し訳なかったって今でも思います。

死に目には会えたしいいんだよーなんて言ってくれて優しい人なのです。


で、その漢方が届きました。
今は残業続きで宅急便の荷物をなかなか受け取れないのがつらいのだけど。

正茸仙
きのこ系のβグルカンを豊富に含む漢方。まさにお出汁の香り♪

山中参
炎症を減らし免疫細胞を作る原料となるらしい。

酵素飲料水
フコイダンと同じような多糖類。
(※ミネラルが豊富ということでストルバイト体質なはんぺんでも大丈夫か問合せ中。)

です。
とりあえずこの漢方を1か月試してみようと思います。
アガリクス、Dフラクション等効能が被るサプリは注文をいったんキャンセルしました。
クマザサかサメ抽出エキスでおなかがカユカユになったのでそちらもいったん中断中。やめたらカユカユ治ったのでどちらかのアレルギーかな。

たぶん上記処方の名前で検索すれば病院の名前等は出てくると思いますが、もし知りたい方がいらっしゃればご連絡しますね。
料金等も個別にお知らせします。
ペットの漢方処方ではreiさんが教えてくれた佐野さんと私が頼んだお医者さんが有名かなと思います。


癌のサプリや漢方等本当にいっぱい情報が出てきて、金額もそれなりにするし迷っちゃいます。

人間もペットも藁にもすがりたい気持ちでいろいろ調べて、それにつけこむサイトも多いはず。
振り回されないようにしたいなって思います。良い意見も悪い意見もネットは操作し放題ですので。


で、漢方はほんと飲む量が多いのが大変!
今まで薬は錠剤や粉薬をオブラートに包んでぽい!っていうのしかしてこなかったので、初めて液体のお薬をシリンジで飲ませることになりました。
今は食欲旺盛だからいろいろごまかせるけどこれからどうかなー。
元同僚も言ってたけど、せっかく楽しいお食事に薬ばかり飲ませるのもかわいそうだし。
シリンジはこれからいろいろ使うことになると思うので予行練習だね!

漢方の先生いわく
嫌がるのを無理に薬を飲ませるのが可哀そう・・・ではなく、治らないのが可哀そうと思って頑張って下さい

これもその通りなんですけどね。

ネットワークカメラが楽しい

癌との生活
10 /12 2017
ネットワークカメラ(Webカメラ)での撮影が面白くて、もっと早く導入すればよかったなーって思います。
まあ、こんなに安くて高性能になったのは最近なのかもしれないけど。

玄関入る前にスマホから録画。暗闇でもこんなにきれいに撮れます。
玄関前のドア付近をうろうろしているのがわかります。


帰宅をめっちゃ喜んでくれてます♪ごろんってなってなでなでするのが日課です。


このほかに、SDカードへは動体検知で、動くものが検知されると自動的に録画してくれます。
午前中はルンバちゃんが撮影されちゃうけど^^;
18時半くらいになるとお食事処前をうろうろするのがわかります。お腹空かせてごめんね。
朝、夜ご飯だよ、っていってご飯入れておくんだけど大体食べちゃうんですよねー。。
あまりたっぷり入れても一気食いして吐いてしまうと逆にお腹空いちゃうから、ほどほどにしか入れてあげてません。
あとは、ストルバイト対策として空腹な時間をとることも大切だそうで、今のはんぺんがストルバイトになったら大変だと思うからその点も気を付けてあげないと。
本当は療法食やめてあげたいです・・・

昨日は千葉にいる夫が勝手にカメラ動かしてはんぺん撮影してました^^
・・・私も監視されちゃうな^^;

超元気♪とネットワークカメラ設置

癌との生活
10 /10 2017
癌がみつかったとはいえ、治療を始めるわけでもなくなんとなく宙ぶらりん状態。
ダイエット終了でおなかいっぱいにご飯もらえるし、ご機嫌で元気いっぱいです♪
ほっぺを触っても大きくなっている様子はなく、口の状態も良好です。

この状態をできるだけ維持するためにサプリ的なものに頼りたくなって、クマザサ粉末、サメ抽出エキスをあげ始めました。
クマザサは前にreiさんとこのゴマちゃんが口内炎がひどかったときにあげてみたとき、はんぺんにも飲ませてみたけど結構気に入ってたから。
当時は液体しか知らなかったけど、粉末もありこれなら分量も調整できます。
ただ粉末はよく混ぜないと粉っぽくて・・・・
ちゅーるのクマザサ粉末がけ、は不評( ノД`)
ちゅーるのクマザサ和えはまあまあ(。-_-。)
今はだしスープに混ぜてあげてます。

サメ抽出エキスはカプセルにはいったものの中身をあげればよいかと思ったら、結構まずいらしく、これは中断中。
今注文中の「アガリペット」にアガリクスとサメ軟骨エキスが入ってるらしいのでそれで代用しようかな。
サメ抽出エキスは、血管新生阻害成分がはいっていて、癌の成長を阻害するらしいです。
このへんは眉唾物かもしれないけど、ごく少量なら問題ないかと思ってなんでも試してるところです。

で、今週は夫が試験前の合宿で金曜日まで不在、私も11月まで定時後作業がメインの業務担当になっているため、ネットワークカメラを買ってみました!



お食事処前に設置してみました♪
スマホアプリで録画したり、カメラのヘッド位置も変えられるし、暗闇でも赤外線で見えるし4000円程度だったのに高性能です。
今はどこに置けば一番高確率ではんぺんが映るか検討している段階。
セキュリティには注意しないと中国人に乗っ取られるからね^^;
ブログパーツとかにできたらずっと見てられるなー。そういうアプリがないか探してみます。



Amazonで買いましたが、質問に一番ちゃんと答えている会社かなと思いました。(日本語はたどたどしいけど。)
説明書も日本語はいまいちだし、アナウンスも全部英語でびっくりしたけど、夫が「ヒアリングテストだねー」とかいって楽しんでました。
無線Wi-Fi2.4GHz対応で、うちのは5.0GHzにしていたから最初ちょっと挫折したけど、それさえなければ10分くらいで設定できます。
アプリさえダウンロードすれば、家族で共有できます。

じゅんこ

はんぺん♂
我が家に来たのは2008年3月12日
静岡の海岸で保護。
とっても優しい保護主さんたちと
近所のみんなにかわいがられ、
初めて猫を飼う飼い主宅にやってきた。