ファーストショット

デジイチ
01 /17 2009
液晶フィルターもSDHCカードも届いたのでいざ、撮影。
自転車小僧さんに「デジイチ購入祝い♪」でいただいた、
「Canon EOS Kiss X2 1週間マスターブック」にしたがい、練習をする。
まずは「1日目 Pモードで撮ってみましょう」
うむうむ。

記念すべき、デジイチファーストショットはこちら





IMG_0001.jpg

なんじゃこりゃー。
謎の生物になってる。
はんぺん、レンズにビビリまくって椅子に避難。
さすがに光が足りなかった。シャッタースピード遅すぎでした。

IMG_0004.jpg

ちょー、やめてほしいんだけど。


シャッター音はそんなに気にならないらしい。
でもピントが甘い。今までのキッチン写真に比べるとずいぶん明るい。夜とは思えない?

逃げまくるはんぺんをトイレに追い込んで撮影。
IMG_0006.jpg

それ、何?怖いんだけど。


まあ少しずつ慣れてよ。

IMG_0014.jpg

向って右目の涙も写ってる。やっぱりちゃんとピント合わす練習しないとね。



スポンサーサイト

Canon EOS Kiss X2にした理由

デジイチ
01 /19 2009
デジタル一眼レフカメラ、山のように種類がある。
まずメーカーだけでも、ニコン、キャノン、ソニー、ペンタックス、オリンパス・・・・
そして、各メーカーから10種類以上。

アドバイスをいただいたりして、ある程度絞り込むも、そこから先は一長一短で、踏ん切りがつかない。

そんなとき、旦那がヒトコト。

「しょこたんってCanon EOS Kiss X2使ってるって。猫いっぱい撮ってるらしいよ。それにしなよ」

IMG_0040.jpg
しょこたんって誰やねん。


・・・・あっさり決まった。
なぜなら私はしょこたんが好きだから(笑)。そして旦那も。
岡田准一君のソニー、キムタクのニコン・・・玉砕。

というわけで半年悩んだ問題がしょこたんのおかげで解決。
しょこたん、エントリー機、使ってくれてありがとう。

IMG_0041.jpg

ちょっとピントが合うようになってきた!
Avモード(絞り優先モード)ってので撮りました。

まんまる眼球

デジイチ
01 /27 2009
デジタル一眼レフにしてから、写真を拡大してみるのが楽しみになった。
特に目はすごい。眼球に映る景色まで見えちゃう。

IMG_0137.jpg

IMG_01371.jpg

・・・・なんてね、カメラを向けるとそっぽ向くから、横からの写真ばかりなのでした。


--------------------------------------------------------
早朝起床のはんぺんに悩まされていた我が家ですが、旦那はついに秘密兵器を導入。
ちゃらららーん。


みーみーせーんーーーー。



これをしてから、はんぺんが横でわめこうがふすまをドンドコしようが、ぐっすり眠れてるようです。
100円ショップのはだめだそうです。

ほっと一安心と思っていたら、昨晩は、二人とも疲れていたのではんぺんと遊ばず寝てしまったら夜中に大暴れ。
キッチンでなにやらごそごそしてるなぁと思ったけど、ほっておいて、朝見たら・・・

隠してあったおつまみ類、全部ぶちまけてるΣ(゚Д゚;)
とんでもないことになってました・・・・
普通なら絶対出せない場所にあったのに、おもり代わりにいっぱい載せてあった箱を一つずつ落としてる・・・


IMG_01211.jpg
おいしいもの、隠してあったよ




おつまみ、大して食べてはいないけど、チーたらを口にしたようです。
おかげで?おなか空かなかったのか、朝私が起きるまでキッチンでぐっすり。
助かった?・・・って違う。。。。

天井バウンス大失敗

デジイチ
02 /18 2009
私が買ったCanon EOS Kiss X2 Wズームキットには2本のズームレンズが付いています。
普段使ってるのは18-55mm F3.5-5.6 ISというレンズ。
でも、ほとんど夜の撮影だし、我が家の電気はそんなに明るくないので、シャッタースピードが遅くて速い動きにはついていけない。
もっとF値が小さい「明るいレンズ」購入も手だけど、せっかくのレンズを使い倒したい。

そこで、前々から気になっていた、「外付けストロボで天井バウンスをしてみよう!」に挑戦。
普通カメラにはストロボが内蔵されているけど、これは被写体に向けて直接発光するためすごく不自然な写真になる。
外付けストロボなら、角度を変えられて、被写体には向けないけど、天井に当たった反射光で被写体を明るくできるというのです。

私が買った外付けストロボはサンパック「PZ42X」。
IMG_6398.jpg
純正じゃないけど、縦にも横にも90度首がうごく。260gと軽量。
でも本体と合わせたら結構重い。エントリー機じゃなかったら女性ではちょっと辛いかも。
(電池はもちろんエネループ♪)

なぜこれにしたかといえば、↓のブログをまるっきり参考にしたから。「猫 天井バウンス」で検索すると上位に出てくるんだもん。
http://xylocopal2.exblog.jp/6980454/

設定も何もかもこの方の言うとおり、なすがまま。
シャッタースピード1/250secなんて、ストロボ切ったら真っ暗です。
IMG_0695.jpg
これでも普通に電気が付いているキッチン。シャッタースピードをあげると露出が超マイナスになるんですね。

それがこの通り。
IMG_0696.jpg
ドキドキしながら撮ったので、下は切れてるわ、意味不明な写真です。

でも、うちの天井が低すぎなのか(日本古来のアパート標準だと思う)はんぺんの目がしょぼしょぼになるくらいな衝撃波。
IMG_0694.jpg

ためしに自分に向けて写真撮ってみたけどやっぱりまぶしい。
名刺でガードしてみたりいろいろ工夫したけど、はんぺんが「ふにゃーん」と抗議してきたので、やめました。
だって、ふつうに一眼レフ向けただけで目がしょぼしょぼになるんだもん。

でも、使い方は簡単だし、もっと遊びに夢中な時ならまぶしさが気にならないかもだし、
はんぺん以外でもちょっと暗い場所での天井バウンスは有効だなと思いました。

http://xylocopal2.exblog.jp/9480947/
ノリマキちゃんも写真嫌いになったって言ってるし、はんぺんも嫌いにならないように(もともとカメラ嫌いだけど・・・)ご機嫌とりしないとね。

これは何も設定せずただ撮った最初の写真。ストロボの威力をしらないので自然な表情のはんぺん。
でも天井のストロボで目が光っていて可愛い。
IMG_0673.jpg
もう、このころには戻れない・・・

-----------------------------------------------------
昨日あれこれ調べて、PZ42Xは数段階光量が調節できることがわかりました。
(マニュアル見たらそれくらいわかる、、、はずだけど、67ページのマニュアルは8ヶ国語で書かれており、日本語なんて数ページ。まあストロボにそこまで説明必要ないけど。)
TTLオートストロボでおまかせにしていたのを、パワーレシオ(光量調節機能)で1/16、1/32と減らし、シャッタースピードもあれこれかえて一人で玄関で練習。
と、ちょっと専門用語満載で語ってみる。
(玄関にしたのは、はんぺんに見えないように。猫にとってストロボの光は雷みたいに怖いもんね。)
はんぺんがなるべく眩しくなく、さらに暗くない設定をつかめたらいいなぁと思います。

9度の歪み

デジイチ
03 /11 2009
私が写真を撮ると、斜めになっちゃうことが多い。
どんだけかというと、こんだけ↓

IMG_09682.jpg

後ろの電柱と道路が垂直になる位置まで回転させるとこんな状態に。
9度って結構ひどいことがわかります......

--------------------------------------------------


IMG_1002.jpg
怪しいニンゲンが来ないか見張り中


IMG_1001.jpg
.....だーれも来ないし!超ひま.....



のどかなアパートです。

じゅんこ

はんぺん♂
我が家に来たのは2008年3月12日
静岡の海岸で保護。
とっても優しい保護主さんたちと
近所のみんなにかわいがられ、
初めて猫を飼う飼い主宅にやってきた。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。