早くも悩み始める・・・

飼い主について
03 /23 2008
reiさんとこのあんこちゃんが調子悪くなったり、reiさんのお友達の猫ちゃんも調子が悪かったりして、私もこれからはんぺんと長くお付き合いしたのちのことをすごく考えてしまいます。
飼ったばかりだというのに!

でも、ほんと、ペットはペット。子供ではないので、病気になったからと行って会社を休んだり、なかなか難しいと思います。
さらには災害の時に、一緒にはいられないだろうとも。

ペットを飼うと女性は母性として接してしまいがちなのだそうです。私なんてもろコレに当てはまって、今では母猫気分。はんぺんも私の顔にすりすり、においつけが頻繁で、指をチューチューすったり、ほんと子猫気分なのです。
そうやって毎日接していくうちに、かけがえのない家族にすでになってしまったわけですが、人間の子供ではないといつも心に留めておかないと私自身が将来すごくすごく辛い目に会う気がします。

病気になって、寝たきりになったりして介護が必要な猫になったとき。
子供ならばつきっきりで看病するでしょう。
私は、その時どうしたらいいのか。周りはどう思ってくれるのか。
まだまだ先のことなのに、とても不安になります。

愛情を注ぐのと同時に、野良猫で怖い辛い生活を送り続けるよりは少しはましな猫生活だったな、程度に余裕をもって接したい。そうしなければ辛い気持ちになるのは私たちではないか、そう思います。

IMG_1977t.jpg

お気に入りのamazonのダンボールでおなかを出して寝るはんぺん。

体重:2.3kg
スポンサーサイト

じゅんこ

はんぺん♂
我が家に来たのは2008年3月12日
静岡の海岸で保護。
とっても優しい保護主さんたちと
近所のみんなにかわいがられ、
初めて猫を飼う飼い主宅にやってきた。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。