去勢手術メモ

病院
04 /26 2008
午後1時からの手術なので、前日22時から絶食、当日朝からお水もダメ。
9時に病院に連れて行く。他にも去勢手術予定のワンコがいました。
だけど、このワンコは検査の結果により去勢は見送られた模様。
はんぺんも血液検査をしてもらい、腎臓、肝臓など何項目かが全部標準値でした。
キャリーのまま預けて、麻酔をかけて異変があったとき、手術が終わったときには電話いただけるとのことで、そのまま会社へ。

tIMG_2454.jpg
待合室にて。囚われの身。ドナドナな気分。

午後1時15分には「手術終わりましたよー」という電話。さすがオスは早い!
午後6時に病院へ。ちょうどワンコのフィラリアの時期なので、結構混んでましたね。
そしてはんぺんとの対面。キャリーの中で特に感動のご対面!って感じでもないし、シャーって言われるわけでもないし・・・
縫ってないので、完全にくっつくまでは10日前後。なんだろう、接着剤とか使ってるのかな。でも傷口は1cmていどのが2箇所なので何もやってないかも。
抗生物質が6日間分。

バス停まで歩いてるときはニャーニャーなきますが、バスの中ではほんと静かにしてくれるので助かります。

家に着いたら、お気に入りのパソコンの椅子と、私の膝の上に交互に乗ってずっと寝てます。
傷口を何度も舐めようとするのだけど、アカチンのような薬がまずいのかしばらく舐めませんでした。
ご飯は普段の半分程度にしてくださいといわれたので、特別なときにしか出さない缶詰をあげたらぺロリ。いつものカリカリも混ぜてあげました。

夜はいきなり遊ぼうとしてこっちがびびる。ちょっと血もにじんでるのに平気だなんてすごいなぁ。
でも、大体うとうとして一日が終わる。
夜はケージの狭い中だと体勢がつらいかもと思って、出したままにしました。
ずっとお気に入りの場所にいたようですが、2時間おきに普段聞いたことないような鳴き声。
痛いのと寂しいのと両方なのかも。
最初は寝室から覗いてなでてあげたけど、その後は私も旦那も眠くて無視しちゃいました^^

今日は朝から遊びモード。ご飯も薬をあげるように缶詰つきなのでムシャムシャ食べてました。
傷口も昨日は真っ赤だったのに、今日はほとんど元通り。んー、すごい。
ただ、まだやっぱり本気に遊ぶのは無理みたいで、ちょっと遊んだらうとうとってのを繰り返してます。しばらくはおとなしくしててよー。

以下、傷口写真です。見たくない人はスルーで。

tIMG_2457.jpg


tIMG_2455.jpg
アップはこんな感じ。タマタマの2箇所が切られてて、まわりの毛が剃ってあります。

tIMG_2458.jpg
見ないでよー。

------------------------------
すこやか動物病院 静岡市駿河区泉町5-7
再診料:530円
CBC(血球計算):2,100円
血液化学検査(4項目):2,630円
猫睾丸摘出術:12,600円
内服薬:(たぶん上記に含まれてる。)

オスの去勢手術はメスよりも安いです。でも病院によっては血液検査も含めてこれくらいの値段かなーと思います。血液検査は健康診断も含めてもっと項目増やせますが私は最低限のみにしました。
あと、はんぺんは野良出身だから、静岡市では助成金が出ます。
これは病院に言って手続きすればよいらしいですが(獣医師会加盟の病院のみ)、
私はめんどうで手続きしなかったのでそのままの値段だと思います。

去勢手術の方法も、はんぺんのように縫わないケースや、一泊してエリザベスカラーをつけるケースまでさまざまなんですねー。

じゅんこ

はんぺん♂
我が家に来たのは2008年3月12日
静岡の海岸で保護。
とっても優しい保護主さんたちと
近所のみんなにかわいがられ、
初めて猫を飼う飼い主宅にやってきた。