はんぺん避難

ホームステイ
04 /08 2013
はんぺん、アパート最後の夜。



・・・・とはつゆ知らず、のほほん(笑)


土曜日、実家に連れて行きました。
引越しまでと引越し後の合計2週間お世話になります!



先日病院に連れて行ったばかりなので、また病院か!と車の中では鳴く余裕もないくらいにカチンコチン。
おかげで、着いた先が病院ではなく慣れ親しんだ実家だとわかったとたん安心したのか、すぐに父母にスリスリ♪

朝も、私が起きる前に母にご飯をもらって、ご満悦です。

はんぺんがいなくなったので、これでようやく大がかりな引っ越し準備ができます。

はんぺんお引越し完了

ホームステイ
04 /19 2013
事情で一日前倒しではんぺんをマンションに連れてきました。
ほとんどの家具を処分したので、一番前のおうちのものがある楽器部屋に解放。
即ピアノの下に潜り込み、その後クローゼットの中に移動して籠城。

猫のお引越しをいろんなブログでみてみるとたいてい初日は飲まず食わすでお籠もりするようなので放置しておいたら、夕方のそのそと出てきてお家すべての探検しはじめました!





そしてご飯も。



場所を覚えるまでは、はんぺん関連グッズはまとめておいておきます。

追記。さっきトイレもしました!

ビビり猫としては上出来だよ!
ゆっくりでいいから新しいおうちに慣れてね。

夜泣きスイッチ

お引越し
04 /23 2013
金曜日。
午前中に実家から連れてきて、夕方まで引きこもった後、徐々にいろんなお部屋の探検をし始める。
トイレもごはんもばっちり食べて、「はんぺんすごい!!」

と思ったのだけど。。。

夜、いつものようにベッドで一緒に寝ていたら、夜中の3時、急にスイッチが入ったように夜泣きを始めました。
あちこちうろうろして、ウォーン、ウォーンと、車でトンネルに入った時と同じ鳴き方。
不安でたまらないという感じです。
マタタビも効かないし。

朝になって、ご飯を食べたら落ち着いたらしく、お布団にもぐりこんで寝ました。
実家でも昼間はお布団にもぐりこんで寝ていることが多かったので、落ち着くんだね。


土曜日
そんな調子で昼間はお布団で寝て、夕方から夜は私と一緒にソファで寝たりしてるのだけど、
また真夜中、お布団で寝ているとスイッチが入ったように鳴いて徘徊。
朝までずっとそんな調子。

日曜日
新しいマンションは、外階段がわざと鉄骨階段になってます。
なので、人の足音がひびくんだよねー。
おまけに4階建てマンションの我が家は2階で、窓の外に、上から歩いて降りてくる人の姿が見えちゃう。
はんぺんにとっては、上から人が近づいて来る!という状況が初めてで、それが本当に怖いらしく、ちょっと足音がしただけでビクビクです。
朝はやっぱり人の上り下りが激しいので、その時間帯はご飯も食べられません。
はんぺんにとって外の景色が見えるほうがいいかなと思った部分は当分逆効果みたい。
(裏の方角の窓からの景色は静かだからそこから景色を眺めるのは好きみたい。)

昼間、はんぺんがお布団にもぐりこんでるのを確認してから私は実家へ。
金曜日に祖母が亡くなったので、日曜日お通夜、月曜日お葬式。
もともと、はんぺんのために月曜日お休み取っていたのが、ちょうど祖母のお葬式に出席のタイミングになりました。

夜マンションに戻るとお布団にこもったままのはんぺん。
呼んだらようやく出てきて、ご飯、トイレをしました。
その二つはばっちりなのでちょっと安心です。
夜中は相変わらずの夜鳴き。

月曜日。
ウイークデーはやっぱり朝の足音が激しく(はんぺんが来るまでは全然気にならない程度の音だったのに、はんぺんがいると妙に大きく感じちゃう。)、はんぺん朝はご飯を全く食べられませんでした。
お葬式に出席し、夕方早めに戻ってくると、ご飯を食べていなかったので缶詰をあげる。でも食べない。
でもそのあと抱っこして「大丈夫だよ」って何度も話していたらようやくご飯を食べました。

夜は、はんぺんの好きなかくれんぼ(ソファの対面に隠れて、はんぺんが私を驚かそうとやってきたときに大げさに驚いて見せる^^;)を繰り返しやって、ひもで遊んで、マタタビをあげて・・・
ってやったけど、そのあと、23時から朝までずっと鳴きっぱなしでした。

旦那が毎日深夜1時2時まで仕事で大変なので、寝不足になってはかわいそうだから、はんぺんを連れてリビングで旦那が寝着くまでゴロゴロ。
幸いにもマンションは今までのアパートと違って、別の部屋にいれば鳴き声は聞こえないし、リフォームで二重サッシにしたので外への音漏れもあまり心配ないので、その点ではよかったです。

モミモミがすごくなってちょっと赤ちゃん返りしてるのかもなぁ。


大人の猫のお引越しは本当に大変だなと思いました。
新しい猫を受け入れて、夜鳴きで困ってる方も多いんじゃないかなと思います。そういう人たちの気持ちもようやくわかりました。
あんな風に不安げに歩き回られたら、「うちに来てかわいそう。やっぱり無理」って思っちゃうこともあるんじゃないかな。
懐いてる子ですらそうなんだもん、まだ懐いてない子を見守るのって大変ですよねぇ。。。
私も前のアパートでこの状況だったらちょっとメゲてたかも。周りへ聞こえて苦情がきたらどうしよう、とか、自分たちも寝不足になっちゃうしね。


まあ、ご飯もトイレもできてるし、ブログを見ても夜鳴きは数週間続くこともあるって書いてあったりするし、このまま病気にならずに徐々に慣れてくれたらいいなと思います。
(仏様修行中のおばあちゃんにもいっぱいお願いしておいたから^^;)

猫ドア

はんぺんの日常
04 /26 2013
はんぺん、徐々に新しいお家に慣れてきました。
毎日少しだけ夜鳴きするものの、ちゃんと寝てくれるし、朝の足音もおびえなくなってきました。

ただ、大工さんが入る作業が明日あったり、エアコンの工事があるのでまだまだドキドキしてもらわなきゃなりません^^;

---------------------------------------------------------
寝室と楽器やパソコンを置いてある部屋に猫ドアを付けました!



しばらくはクリップでとめて開けっ放しにしておいてここが出入り口だということを認識させ、今朝から出入りする訓練。

無理やり押し込んで、反対側から呼んで・・・
ってのを繰り返したら、無事通過することができました!



どうしても手だけで押す動作をするので、「手と鼻で押すんだよ」っていうのを教えるのが難しかった!


猫ドアはいろいろな種類があるんだけど、普通の一枚板のフラップタイプは胴体が出た後しっぽが挟まれることがあると聞いたので、中折れタイプにしました。
でも、中折れタイプは高い!1枚5000円です。
なので、ほんとは洗面所に通じるドアにもつけようと思ったけど断念しました^^;

ドアの厚みも考慮されてるし、最初は白い枠に、変なえんじ色のドアで、んー。。。と思ったけど、遮光性もあって寝室にリビングからの光が漏れないしとてもいいです。
ドアと枠にマグネットがついていて、ぱちんと閉まります。
出入りさせたくない時には蓋もできます。



付ける高さは、猫の足の長さから測定するんだけど、はんぺん、短足なのとおなかがたるんでるのでそれも考慮して相当低い位置に付けました(笑)
我が家はリフォームついでに大工さんにやっていただいたのだけど、もちろんDIYでも簡単にできそうです。


お金に余裕があったら、ドアノブはこれにしたかった!

すっかり大丈夫

お引越し
04 /30 2013
はんぺんが新しいお家に来てから10日経ちましたが、もうすっかり夜鳴きもせず落ち着きました。



カウンターキッチンがお気に入りのようです。
(私、ついついカウンターとかに物を置いてしまうので、カウンターの上は猫のみ可にしました^m^)



んでもって、さっそく、猫の戸籍係?が見回りに来ました。


イケメンネコが引っ越してきたと聞いたので確認しにきました!

・・・・ってマンションの二階のベランダなのに
たぶん一階の部屋の子だと思うんだけどね。首輪してないけど。
青い目できなこちゃんにそっくりな子です。

じゅんこ

はんぺん♂
我が家に来たのは2008年3月12日
静岡の海岸で保護。
とっても優しい保護主さんたちと
近所のみんなにかわいがられ、
初めて猫を飼う飼い主宅にやってきた。