デブでハゲ

病院
11 /02 2015
無事8歳のお誕生日を迎えられたのに、旦那が
「はんぺんのおなかピンクだよ?」といったので見てみると、たるーんの下腹部がはげていて皮膚が見えていました。
ちょうどワクチンが3年目という電話もいただいていたので一緒に受けるつもりで土曜日病院へ行きました。

猫の病院、若い男の先生が増えていて、前はすっごく待ったのにかなりスムーズに診察してもらえます。
その若い先生に診てもらいました。
ハゲの理由ははっきりとは分からなかったけど、真菌等だと困るので検査に回してもらいました。(結果はまだわからないです。)
よく考えてみると2、3週間前あたりに毛をむしっていたような。
ここ最近はそういうそぶりをみせていなかったので、お薬はもらわず様子見することに。

で、体重を測ったところ、6.12kg。
前回病院に行ったのが2013年でその時は4.8kgだったのでいきなり増えすぎています!
つい先日旦那が体重を量ってくれた時に5kgぐらいー、といったので安心していたのですが、見間違えだったようです^^;
というわけで、おなかたるーんで皮膚が床に接触しているからかゆくなっちゃうかもしれないということで、飼い主ともどもダイエットに励むことにしました。
飼っているペットが太ってしまうのは100%飼い主のせいだからね。本当にごめんね。


顔をうずめて必死に耐えるはんぺん。汗びっちょりでした。

ストルバイトが出てしまうのでずっとPHコントロール2をあげていて、それはつづけたほうがよいということなので、とにかく「きっかり量る!」と何度も言われました。
あ、若い先生もとてもやさしいですー。「ついあげたくなっちゃうよねー。でも我慢です!」って言われました。

早朝おなかすいたー!!って言われるとついついあげてしまっていたので反省です。夫婦それぞれあげちゃうからねー。
というわけでついついあげてしまわないように、量ったものを小袋にいれる作戦です。


シーバも含めて、缶詰分を抜いて、大体18gを1日3回です。
(早朝、朝、夜という変則的なんだけどね。早朝ははんぺんが一番活発な時間なのです。)

1か月で100g減らしていくぐらいがちょうどよいということなので、このペースを守って、少しずつダイエットできたらいいね。
病院へ行った翌日日曜日は、ワクチンの影響で元気がなくて、朝も呼びに来ないので逆に不安になっちゃいました。
その日は日中食欲なし。
でも、夜から元気になって、お夜食ちょうだい!!ってずっとないています。
私も心を鬼にしなければならないので、早めに布団にもぐりこんで無視。
はんぺんもあきらめたようで寝てくれました。
今朝は、4時に起こされたけど、前日起こされなかったことを考えると元気になった証拠なのでうれしいですー。

ハゲとデブは我が家では禁句なのにー。飼い主の悪いとこそれぞれ似なくてもいいんだよ。。。

治療メモ
ワクチン3種と検査代で1万円くらい。

じゅんこ

はんぺん♂
我が家に来たのは2008年3月12日
静岡の海岸で保護。
とっても優しい保護主さんたちと
近所のみんなにかわいがられ、
初めて猫を飼う飼い主宅にやってきた。