天井バウンス大失敗

デジイチ
02 /18 2009
私が買ったCanon EOS Kiss X2 Wズームキットには2本のズームレンズが付いています。
普段使ってるのは18-55mm F3.5-5.6 ISというレンズ。
でも、ほとんど夜の撮影だし、我が家の電気はそんなに明るくないので、シャッタースピードが遅くて速い動きにはついていけない。
もっとF値が小さい「明るいレンズ」購入も手だけど、せっかくのレンズを使い倒したい。

そこで、前々から気になっていた、「外付けストロボで天井バウンスをしてみよう!」に挑戦。
普通カメラにはストロボが内蔵されているけど、これは被写体に向けて直接発光するためすごく不自然な写真になる。
外付けストロボなら、角度を変えられて、被写体には向けないけど、天井に当たった反射光で被写体を明るくできるというのです。

私が買った外付けストロボはサンパック「PZ42X」。
IMG_6398.jpg
純正じゃないけど、縦にも横にも90度首がうごく。260gと軽量。
でも本体と合わせたら結構重い。エントリー機じゃなかったら女性ではちょっと辛いかも。
(電池はもちろんエネループ♪)

なぜこれにしたかといえば、↓のブログをまるっきり参考にしたから。「猫 天井バウンス」で検索すると上位に出てくるんだもん。
http://xylocopal2.exblog.jp/6980454/

設定も何もかもこの方の言うとおり、なすがまま。
シャッタースピード1/250secなんて、ストロボ切ったら真っ暗です。
IMG_0695.jpg
これでも普通に電気が付いているキッチン。シャッタースピードをあげると露出が超マイナスになるんですね。

それがこの通り。
IMG_0696.jpg
ドキドキしながら撮ったので、下は切れてるわ、意味不明な写真です。

でも、うちの天井が低すぎなのか(日本古来のアパート標準だと思う)はんぺんの目がしょぼしょぼになるくらいな衝撃波。
IMG_0694.jpg

ためしに自分に向けて写真撮ってみたけどやっぱりまぶしい。
名刺でガードしてみたりいろいろ工夫したけど、はんぺんが「ふにゃーん」と抗議してきたので、やめました。
だって、ふつうに一眼レフ向けただけで目がしょぼしょぼになるんだもん。

でも、使い方は簡単だし、もっと遊びに夢中な時ならまぶしさが気にならないかもだし、
はんぺん以外でもちょっと暗い場所での天井バウンスは有効だなと思いました。

http://xylocopal2.exblog.jp/9480947/
ノリマキちゃんも写真嫌いになったって言ってるし、はんぺんも嫌いにならないように(もともとカメラ嫌いだけど・・・)ご機嫌とりしないとね。

これは何も設定せずただ撮った最初の写真。ストロボの威力をしらないので自然な表情のはんぺん。
でも天井のストロボで目が光っていて可愛い。
IMG_0673.jpg
もう、このころには戻れない・・・

-----------------------------------------------------
昨日あれこれ調べて、PZ42Xは数段階光量が調節できることがわかりました。
(マニュアル見たらそれくらいわかる、、、はずだけど、67ページのマニュアルは8ヶ国語で書かれており、日本語なんて数ページ。まあストロボにそこまで説明必要ないけど。)
TTLオートストロボでおまかせにしていたのを、パワーレシオ(光量調節機能)で1/16、1/32と減らし、シャッタースピードもあれこれかえて一人で玄関で練習。
と、ちょっと専門用語満載で語ってみる。
(玄関にしたのは、はんぺんに見えないように。猫にとってストロボの光は雷みたいに怖いもんね。)
はんぺんがなるべく眩しくなく、さらに暗くない設定をつかめたらいいなぁと思います。

コメント

非公開コメント

この手のカメラは苦手です・・・・
コンパクトカメラで十分な私です。

って、はんぺんちゃん大人顔になってきましたね。
な~んか少年から青年にって感じで。
改めて驚きましたよ!!

基本的にストロボ撮影はメインの光源として用いるよりは、補助光として用いるほうがきれいに撮れます。
ですから、動きのあるものを撮る以外はシャッタースピードをできるだけ遅くし、絞りを開く(小さな値に設定する)ようにして、ストロボを発光させずとも適正露出に近づけるようにすると背景も適正露出に近づき画面全体が明るく撮れます。また、発光量も少なくて済みますから、猫への負担も気持ち減るでしょう。幸い、手ぶれ補正機能もあることだし、慣れるまではシャッター・スピードを1/15~1/30程度に設定し、絞りは開放、もしくは一段絞る程度、ISO感度は800~1600で撮ってみてはいかがでしょう?

逆の場合、発光する光の量に限りがありますから、ストロボを発光してさえも適正露出が得られずに、極端な場合は真っ黒な写真となってしまうわけです。どうしても早いシャッタースピードで動体を撮りたい場合は感度を上げるか、さらにGN(ガイドナンバー)の大きいストロボを使う、あるいは明るいレンズを使う、スタジオのように補助ライトを使う等するしかありません。

面白い効果を狙うなら、「後幕シンクロ」に設定し(取り説みてね)、わざと動きの軌跡と撮るという手もありますが・・・

ストロボ光を和らげる方法でよく使われるのが、トレーシングペーパーを発光部にかぶせる方法です。効果を見ながら重ねる枚数を変えてみるのも面白いかもしれません。半透明のビニール袋をかぶせるとか、いろいろ試してみるといいかもしれません。

すごいすごいすごい!!

じゅんこさんはぜったいうまくなるわ!!
もともと、機械いぢりが嫌いじゃないんだね?
こんなに研究熱心なんだもん。
小僧さん、やっと教えがいのある弟子ができたわねぇ!!
よかったよかった。

へえ~!色々勉強になるなあ。
カメラ教えてくれる人が多くなるからうれしいな♪
今は「絞り開放」とかちんぷんかんぷんだけど早くつかってみた~いっ!

わ^^楽しみですね。このカメラ・・・
私は何にたいしてもオンチなので(・・)?無理かな・・・
なにか簡単なカメラでいいのがあったら教えてください♪

ぷ~さん

ね、私もついついコンパクトデジカメに逃げちゃいます。
簡単なんだもの~。
でもせっかく高いお金を出して買ったからには使い倒さないとそれこそもったいないし。
びんぼーしょーなんです!

自転車小僧さん

普通に座ってる今回のような写真はストロボいらないなぁと思うんですけど、はんぺんがジャンプしたり走ってるとこ撮りたいなと思って、シャッタースピードあげてみたんですよね。
平日は遊ぶことに専念して(写真撮りながらだとおざなりになるので!)、休みの日にあれこれ頑張ってみようと思います。
後幕シンクロかぁー、また難しいことを!!でもやってみたいです♪

reiさん

んー、凝り性なんです。オタク気質なんだと思う!
photoshopやflash手に入れたときもハマって、毎日20時間くらい使ってたもん。
でもある程度になると急に興味が失せてしまいます。
カメラは投資額が大きいし、将来あれこれ楽しめそうなのでいろいろ勉強中です♪

パピコ代理さん

コンパクトデジカメって構えてボタン押せばたいていの写真が撮れるけど、デジイチってそうでもないのよ。
reiさんなんか簡単に撮っててそれは逆にすごい!って思う~。
失敗作が何百枚ってたまると、さすがに工夫しなきゃ!ってなるんです~^^

まりま~さん

ね、ほかの人はもっと簡単に上手に撮れてるので、私はなんだか遠回りして勝手にややこしくしてる気がします。
まりま~さんなら、藤木直人さんの写真撮る用に超望遠レンズなんてどうでしょ^m^

じゅんこ

はんぺん♂
我が家に来たのは2008年3月12日
静岡の海岸で保護。
とっても優しい保護主さんたちと
近所のみんなにかわいがられ、
初めて猫を飼う飼い主宅にやってきた。