サリーちゃんのパパ

はんぺんの日常
05 /18 2009
猫が興味津々の時になってしまう耳。
「イカ耳」「ミミズク」等の呼び名があるらしいけど、はんぺんの場合どーみてもサリーちゃんのパパ。


IMG_1991.jpg

IMG_19911.jpg


なんでそんなに反っちゃうんだろうね。

コメント

非公開コメント

その時、サリーちゃんのパパは思った

うむ?!
このタイヤの匂い、めっちゃ好みかも・・・(爆)
最近のアルは、オイラの足の指を
舐めるのがマイブームなようで困っています(苦笑)

サリーちゃんのパパ!!なってる~(笑)
猫の耳ってなぜ感情で
変幻自在になるのでしょうか?不思議。
イカ耳のときって飛んでいきそうな感じがするので
私は「ヘリコプター」と呼んでいます^^

おしい~!
頭だけ黒ければ完全サリーちゃんのパパだったのに!!!
でも充分パパですね♪
ナゼタイヤにそこまでなる?笑

ふさふさ

はんぺんちゃん耳毛フサフサ!
人間の耳毛はかわいくないけど、
サリーちゃんのパパ耳はかわいいですv-238

ぼくも不思議に思ってたんですよ!!
耳の向きが変わるところまでは理解できるんですが、時々、耳が裏返っているのを見ると「そこまでできるのか!!」「どうしてそんなことができるのか!!」「どうやってもどしているのだ!!」と疑問は尽きないのでありました。

カラーのバランスも良くなりましたね!!Exif見ましたが、設定もいいと思います。

先日、話題にあがったグリップストラップですが、今日、SONYからど~んと新製品が発表されまして、そのなかにありました。いままでは黒一色で女性には抵抗があったかもしれませんが、今回は黒の他、茶、白も登場し、若干、値段も下がっているようです。
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/200905/09-0518/
↑のページの下のほうで「ハンドストラップ」として紹介されてます。
写真が小さいんですが、横吊り用の金具もついているように見えます。同時発売のショルダーストラップ(斜め掛け可)と色をそろえるのもおしゃれかも!?

この顔~!他の猫を触って帰って来たときに、けろが浮気チェックするときにする顔です(笑)
そっか~、興味しんしんのときに耳がこうなるのね~。
可愛いです~。

言われなければ気付かない、細かいところまで観察していますね。ww
それにゴムの匂いは未知への遭遇だったのでしょう。

もんたさん

あはは!私までゴムの匂いをかぎたくなりました!
足の指、舐めますよねー。
なんとなく旦那のを舐めてる時は制止したい気分になります。。。

ocashiさん

飛びそうって!
ヘリコプターは新しい呼び方だわ。
耳としっぽは本当によく動かしますよね。
なんでそんなとこで感情を表すのか不思議です~。

ayyanさん

ほんとに、耳毛、ふさふさですねー。
人間の耳毛さんたちも、あれは進化した形なんだと思います(笑)

自転車小僧さん

そういえば、私のお気に入りブログで
「耳がひっくり返ったままでも平気な猫はプライドがない」と書いてありました(笑)
http://zaccafe.blog100.fc2.com/blog-entry-664.html
猫のプライドってなんだろう・・・

自転車小僧さんその2

わーい!さすが情報早いなぁ。
そしてさすがSONY、小物とかビジュアルは大切にしてくれます。
ちょうど茶色のストラップ注文したばかりなので、それに合わせて茶色のグリップ買ってもいいな♪
それに、キャップを入れておくのも便利だと思うんですけど。
小僧さんとかキャップ、いつもどうしてますか?
あとあと、このラッピングクロスも素敵!
これがあれば、バッグにストンと入れちゃってもいいのかな。

パピコ代理さん

浮気チェックしますよね~(笑)
そーだ、その時もこの耳になってる!
匂いを嗅ぐときはいつもってわけじゃないから、
真剣度を表してるのかな。

ぶっくん 802さん

頭黒く塗ればよかったですかね(笑)
タイヤ・・・やっぱりいろんなもの踏みまくって、いろんな匂いが混ざってるのかな・・・・
う、におい嗅ぐの心配になってきた・・・

ニャンコさん

私もね、猫を飼うまでは耳がこんな風になるとか全然知らなかったです。
見てるだけでも面白いですよねー。
未知との遭遇、確かに!

猫のプライドねぇ・・・?耳との関連は安心していられる環境にいるかどうかの問題だと思いますけど。

レンズキャップホルダーって???
ぼくは撮り始めるとキャップはずっとしないまま移動するので、キャップはカメラケース(長年、愛用のウエストバック型ケース)に入れたままです。どこか一つ入れる場所を決めておかないで、その時、その時で変えるとどこに入れたのかすぐに忘れます。胸ポケットはよく落とします。ズボンのポケットはキャップに埃がつきやすいです。まぁ、キャップは高価なものではないのでかなりラフに扱ってますが・・・ちなみに、キャップは純正品を信じていないのでレンズメーカーのタムロン社のものに変えてます(これが一番、良かった)。純正品より安いのでさらに扱いがラフになります。

ラッピングクロスは汚れと傷の防止程度にしか役には立たないでしょう。ボディとレンズの接合部をはじめ、衝撃には無力だと思うのでそこをどう評価するかですね。ボディだけだったらいいと思いますが・・・

がはは~。
本当にはんぺんくん、サリーちゃんのパパに
見えてきた(笑)
おひさまの下で撮ると
微妙な色合いの毛並みがきれいですね♪

自転車小僧さん

私もいつもポイポイそこら辺に置いちゃうのでストラップにキャップホルダーつけたら便利かなぁと。
あ、でも純正以外でそんなに簡単に手に入るならいいですね。
ラッピングクロスはその程度かぁ。
緩衝材の入ってないバッグにも、なんて書いてあるから、インナーバッグ代わりになるかと思ったけど。
週末京都に行く予定です。カメラを持って初遠征です♪

oceangeckoさん

ね、海くんシェルちゃんのミミズクも可愛かった!
週末の大雨降る直前だったのでおひさま燦々というわけじゃないんだけど、やっぱり電気の光と自然の光じゃ違いますよね。

なんで、猫はタイヤが好きなのか。
はんぺんちゃん教えて?
イカ耳は玩具にしたくなり嫌がられています。

レンズキャップをなくさないためのアクセサリーとしてこんなものもあります。↓
https://www.hakubaphoto.jp/search/index.php?inc_subcat=1&categories_id=12100&sort=2a&page=2
ただし、レンズ交換をする場合には不向きですね。
(キャップ径が異なったり、望遠レンズの長さに紐の長さがついていけなかったり)
現実的な問題としてキャップホルダーもこのキャップもカメラそのものにつけると撮影の時に邪魔に感じると思います。

簡素なクッション材入りのケースとして、ちょっと高価なのと、色がいまいちなんですが、こんなのもあります。↓(デジタルカメラケースを指してます)
http://www.lamda-sack.com/cameracase.html

せっかくの遠征、天気に恵まれるといいですね。いい旅を!!

ぷ~さん

ぷ~ちゃんも好きなんですか?
人間的にはゴムの匂いってそんなに嗅ぎたいものじゃないですよね。
耳はほんとさわり心地もいいですよね~

自転車小僧さん

いろいろ教えてもらってありがとうございます♪
ラップの代わりになってお皿のサイズが違っても伸びる蓋みたいなのありますよね?(って主婦じゃない小僧さんは知らないか。)
ああいうキャップができたらいいのになぁー。
遠征、お天気&インフルに気をつけたいと思います。
ま、もう日本全国どこ行っても同じ状況だと思いますが、県内初!でニュースにはなりたくないなぁ。

トレス戦闘機は重金属摂取の主な発生源であるされています。消費

れている場合、tは知っている。 問題は、ほとんどの人は彼女に <a href=http://www.2013jpprada.com/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%80-%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%89-%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%B0-c-5.html>プラダ バッグ ナイロン</a> たがそれらを使用したい場合、それはあなたが彼らの材料は私たち <a href=http://www.dalopez.com/>アグ専門店</a> どは、任意の障害を持っている。 基本的には負傷者はいくつかの <a href=http://www.mcorrection.com/category-6.html>スピードマスター ブロードアロー</a> は慎重な検討は、関係にチャンスを与えるために関係に信頼を持っ <a href=http://www.ragtaggames.com/category-c-2_8.html>ニューバランス 576 ブラック</a> ません。?シンプルを使用するため、システム内の場所もあります <a href=http://www.zachodnia99.com/category-c-1.html>http://www.zachodnia99.com/category-c-1.html</a> 現を提供します。

飛行は家からかなりの数マイルを発信、便利な料金でお友達、花などの贈り物のような別のセクションか

じゅんこ

はんぺん♂
我が家に来たのは2008年3月12日
静岡の海岸で保護。
とっても優しい保護主さんたちと
近所のみんなにかわいがられ、
初めて猫を飼う飼い主宅にやってきた。