ホームステイ体験

ホームステイ
05 /08 2008
はんぺんの初ホームステイはしょっぱなっから暗雲立ち込めてました。
両親が迎えにきたとたん、パソコンデスクの後ろに隠れて出てこない。
玄関じゃなくて窓から入ってもらったのがいけなかったか・・・(そりゃ驚くわね。)
その後、いったんキャリーに入れたものの大暴れして脱走し、今度は洗濯機の裏へ。
なんとか捕まえてキャリーに入れ車へ。

実家までは車で40分ほどです。
その間鳴きもせずただ固まってました^^たぶんね、去勢手術直後だったからその恐怖もあったんだと思います。

家に着いてリビングへケージを設置し探検してもらう。
両親が買い物に出かけた後はノソリノソリ探検を楽しんでたんだけど戻ってきたらまた恐怖でひきつった顔になり、隠れる場所を探してトイレの中へ。
砂を神経質にかき分けてトイレに閉じこもったままになっちゃいましたヽ(ー_ー )ノ
さすがにトイレにいるのはちょっと・・・と引っ張り出したら、今度は部屋の隅っこの椅子の下で8時間ぴくりとも動きません。
飲まず食わずトイレもせず、でこのままでは明日から私、出掛けられないよ、と私のほうが精神的に参ってしまいました。。。(35歳なのにワンワン泣く私。はずかちー^^)
だって最終兵器「缶詰」も食べてくれないんだもの。

そこで、リビングでみんなに囲まれて和やかに過ごす、という妄想は断ち切り、今は使っていない二階の弟の部屋へ。もし両親に馴れなければここでえさとトイレの世話だけやってもらえばいいやと思って。
6畳で、本棚などもありそこそこ居心地良い感じ。
ケージを移して、しばらく私と二人きりに。
すぐに部屋中を探検を始めるはんぺん。

・・・・・・10分後。落ち着いたのか、おしっこもしてご飯も食べ、お水も飲み始める。
あぁ、あの飲まず食わずの8時間は一体何だったの!というほどの落ち着きっぷり。

そのまま、一緒にベッドで寝ます。アパートでは寝室立ち入り禁止だから、ソファでのお昼寝以外で初めてはんぺんと一緒に寝ました。
フカフカのお布団ではんぺんもすごく満足げーに大いびきをかいて寝てます。
私も幸せ?。幸せすぎて寝るのがもったいない!
tIMG_2506.jpg


なんていっていたのもつかの間、真夜中2時にスイッチが入ったように再び部屋中を探検しまくるはんぺん。
本棚に駆け上り、弟のげーじゅつ作品に見とれ、素晴らしさの余りなぎ倒して落とす。
tIMG_2501.jpg


あまりの音に両親が飛び起きてきました!
でもね、もう両親にも怖がらずスリスリするんですよー。よかった。

というわけで、朝ごはんも母の手から餌をもらって、父にもじゃれて、もう大丈夫と私も安心して出発することができました。

その後、毎日母からのメール。
「大暴れしてます。かわいい。」
「こんなやんちゃな猫みたことないよ。」
「寝不足です。大変。」

と、だんだんトーンが下がるものの(笑)、母も久しぶりの猫と一緒ライフを満喫したみたいです。

お迎えに言ったら、自分たちのこと「じいじ、ばあば」と呼んでいて、
まさにネコ(=^・^=)かわいがり。
二人でテニスボールを転がして相手したり、本当にかわいがってもらいました♪
tIMG_2523.jpg
お猫様状態


最初はね、たった1か月半前に保護されて、reiさんちでいろんな人に出会ってかわいがられて、初めて出会った私たちにもすぐスリスリしてきたし、普段のやんちゃぶりからもこんなに人見知りする猫だと思ってなかったの。
軽く考えていただけに、両親にビビったことはショックでした。
でも、あれからの1か月半で、自分のテリトリーを持ち、去勢手術して怖い思いをして、大人になったんですね。

これからも、帰省のたびに預けることになるし、両親のことを忘れないようにマメに連れて行ったりアパートに遊びに来てもらおうと思います。
冠婚葬祭のときは、実家にも預けられないときがあると思うので、一度シッターさんもお願いしてみたいな。


そして、今日からまた昼間は一人ぼっち。実家にいるほうが昼間も誰か必ずいるし楽しかったかもね、はんぺん。
tIMG_25251.jpg
母と父と記念撮影



--------------
番外編
旦那の実家のレオ君。年齢不詳。チンチラ系のタカビーな姿かたちをしている外猫。
でもてきとーなカットされてるし汚れほーだい^^tIMG_2519.jpg

隣のお家の猫と縄張り争いをして負けたらしい。ほっぺを当日怪我してました。

コメント

非公開コメント

お疲れさまでした!

はんぺん、そんなにビビったですか??
8時間も?!うううむぅ;;がんこなビビリです;;
あんこなら、「ご飯!」のひとことで出て来るけどねぇ。。
一度だけ、なにかの拍子にあたしの車の下に入り込んで
おびえて動けなくなったことがあった!
そのときも、「ご飯!」とゆったら「ごあん~~」とゆって出て来たっけ!!

んでもハンペン、お父さんお母さんに慣れてくれてよかったよかった!!
かわいがってくれるシトはわかるんだわ♪♪
車で40分かぁ、、猫は車にがてだわねぇ;;
あんきなは10分ぐらいの病院つれていくのも鳴いてないて一苦労だわ;;
ちいこなんか、相良まで2時間、
犬みたいはぁはぁいっちゃって、
ウンチもおしっこももらすは(緊張して!)大変だった!!
も、猫を長時間移動させるのはコリゴリ;;

チンチラの外猫さん、しっかりおうちの中はいりこんでるじゃん~!??(笑
かっわい~~~♪♪
シャンプーして毛をすいてあげたら“ええとこのぼんぼん”みたいなるわよ!



実家お泊りはどうなったのか、気になってましたが
大変だったようですが、慣れてよかったですね!^^

お泊り無事すんでよかったですね。
アルは知らない人がきても全然きにしていませんよ。
ただ外にでるのは病院にいくときだけなのでもしも外にでちゃったらパニックになりそうです。

>reiさん

たぶんね、去勢手術がターニングポイントだったと思います。あれからビビリになっちゃって。
手術が相当怖かったんですね。キャリーも嫌いになったし。
でも、いったん馴れては母の顔をベロベロ舐めるわ、父にもスリスリするわで、人懐こさが出たのでよかったです。
これから何度もお世話になるしねー。
40分はほんと長いですよね。ちょっとずつ慣らして・・・っていうのは猫の場合無理なのかな。

レオくんは、美容院でカットするのも麻酔を必要とする^^凶暴猫です。でものどゴロゴロ言わせて触らしてくれました!


>なおさん
ご心配おかけしました。私のほうが心配で心配で胃をやられました~。
おしっこ出なかったらどうしよーとか思っちゃって。
でもこれで一安心です。


>モンタさん
アルくんは大丈夫なんですねー。うちもマメにお友達を呼ぶようにしようかな。
網戸越しに人が歩いてるのはよく覗いてるので大丈夫かなと思ったんですけどね。やっぱり去勢手術の影響は大きかったかも!

スーパーではんぺんを見るたびに、はんぺんのことを思い出しちゃいます。
一緒に泣いちゃうなんて、ベタ惚れですねWW
旦那さんも時々構ってあげてね

>ピーコちゃん

わーい、こちらにもコメントありがとう!
泣いたのなんて何年ぶりかしら?って感じです。
父が「じゅんこが大泣きして・・・」なんて報告するものだから、旦那もさすがに引いてました(笑)

じゅんこ

はんぺん♂
我が家に来たのは2008年3月12日
静岡の海岸で保護。
とっても優しい保護主さんたちと
近所のみんなにかわいがられ、
初めて猫を飼う飼い主宅にやってきた。