スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

非公開コメント

この鼻の穴に何か入れたい・・・・
(変態おばさんの願望)

うん。結構大きいかも。
綺麗な形してるなぁ。

猫の鼻の穴って・・・いいよね・・・

きれい!

お口とかすごいきれいですね~!
チョコは口回り 黒ずんでました。
魅惑の三角コーナーも好きだけど、にゃんこの鼻もすっごく好きです。

はんぺんのお鼻に、小指いれたい(爆)

アップ写真大好きです~(大好物 ̄ω ̄*)
時々まずるやら顎やらプニプニ摘んで遊んでます♪
はんぺんちゃんのお鼻回りキレイですね~
うちのは鼻水でカピカピの時があります…( ̄∇ ̄;)

素晴らしい上唇溝♡

私、上唇溝が大好物です、はい。コーフン。
にゃにゃのもいいけど、はんぺんくんのも素晴らしい!!こう、つるっとしてキレイっていうかぁ。
‘07.12.6の記事に、にゃにゃの写真があるので、時間のあるときにぜひどーぞ。

ぷ~さん

変態だわー!!
って変態って禁止キーワードにしてなかったんだ、私(笑)
こういう風な写真撮りたいなって思うと「マクロレンズ」欲しくなっちゃうねー。
でも手ぶれしまくりだろうな。。。

ひー。さん

はんぺんもね、子猫の時はアゴニキビひどかったよ。
オスはできやすいんだって。
でも、ガシガシとったらいつのまにか綺麗になりました。
猫はどのパーツも魅力的だね♪

ねーこさん

こうめちゃんのほうが「マズル」ぷにぷにしてる気がする!
はんぺんのはぺったんこだね。
でもおもちゃブンブンしてると、髭が一斉に前向いて、
そういうときのマズルは大好き♪
ってかなりマニアックな話だね(笑)

にゃまさん

にゃにゃちゃんのアップすごい!
面白いねー。
やっぱりアップ撮りたくなりますよね~♪
あの魚眼レンズにも笑っちゃった。

鼻にピントがあうのはAFポイントを適切に選択していないからです。
設定した絞り値が小さければピントの合う範囲も狭くなります仕方ないことです。
AFポイントを自動に設定しているなら、ほとんどのメーカーのAF自動選択のアルゴリズムは一番手前にあるものにピントを合わせようとするのが普通ですから猫撮影ではあまり使いものになりません。

ネコの健康状態は鼻で見る。
湿っていたら異常なし、乾いていたら不調、そんな事をどこかで聞いた事がありました。

自転車小僧 さん

AFポイントは真ん中一点だけにしてるんだけど、やっぱり手前のほうに合っちゃうんですねー。
この間なおさんのとこのまめちゃんを撮った時は鼻じゃなくて目にバッチリピントが合ってた。
カメラ的に、はんぺんのような色合いは鼻にピント合いやすいのかな?って思ってましたー。
はんぺんの場合結構な確率で涙目なのであまりはっきり撮りたくないからちょうどいいけど!(って負け惜しみ。)

ニャンコさん

そうなんですねー。
犬と比べるとあまり湿ってない気がするー。
体調悪くなると鼻を舐めたり、毛づくろいをしたりそういう一切ができなくなって、やっぱり見かけが変わるってのはわかりました。

明日のための其の弐

其の壱があったかどうかは定かでありませんが・・・
中央一点では自動選択もクソもないので手前も奥もありません。画面のどまん中にピントが合うだけです。ははは・・・
AFロックしてカメラを振って構図を取り直すしかりません。
その際、厳密にいえば「コサイン誤差」(下記リンク参照)というものが生じるシビアなケースがあることを覚えておいてください。
http://digitalphoto.at.infoseek.co.jp/study/cos.html
で、奥の手ですが、カメラの取り説のP158の「C.Fn-10」をご覧ください。
このCFを「1」に設定するとAF動作がシャッターボタンではなく「*」ボタンで独立して制御できます。
AF-Cで「*」ボタンを押し続け、狙った場所にピントが合ったら「*」ボタンを離せばそこでピントが固定され、シャッター押しに専念できるわけです。
そもそもこれはスポーツカメラマンが編み出した技らしいのですが、いまではエントリー機でもそれが可能になっているようです。
慣れるまでは違和感がありますが、慣れると応用が利き、かえって楽かもしれません。
お試しあれ!!

自転車小僧 さん

そう、フォーカス固定してから左右に振ってるけど、たぶんこのとき前後にも動いちゃってるんだと思います・・・

う、また難しい技を・・・!
あ、でもその方法、便利そうー。やってみます。
んでもって、来週は奈良に行くので、久しぶりに標準レンズの出番です。楽しみー。

じゅんこ

はんぺん♂
我が家に来たのは2008年3月12日
静岡の海岸で保護。
とっても優しい保護主さんたちと
近所のみんなにかわいがられ、
初めて猫を飼う飼い主宅にやってきた。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。