泡を吹かす

病院
11 /24 2009
去勢手術以来、1年半ぶりに病院に行ったはんぺん。
お薬を飲むのも1年半ぶり。
去勢手術のときは抗生物質を錠剤でもらった。
缶詰に混ぜたら、疑いもせずモリモリ食べてくれたので何の苦労もせず。

ところが。
今回は、粉薬はもちろん、錠剤だって缶詰の中の匂いをかぎ分け、食べない。
このままだとご飯嫌いになってしまうと思い、この方法は断念。

病院でオブラートをもらったので、錠剤と粉薬をすり合わせ、詰める。

はんぺんの背後からがっちりホールド。
奥歯のほうから指を差し入れ、口を大きくあける。

ここまでは順調だったのに、びびった私がのどの奥へぽーんと投げ入れるのを躊躇して、手前に・・・
異変に気付き、逃げるはんぺん。
口からオブラートの包みを出そうと必死になり、その後は・・・・

泡を口からぶくぶく・・・

苦い薬を飲むと口から泡を吐く子がいると知ったけど、口から泡ってのをはじめてみたのでびっくりでした。ほんとに蟹のように。。。
それは数十秒で収まり、お口直しに缶詰をあげたりしたけど、口の中がまずいので匂いをかいだだけでだめ。

ごめんよ、はんぺん。

もう失敗は許されないので、代用のお塩でできるだけ小さく詰める練習を繰り返す。
半分に切ったオブラートに薬をのせて包み、それだけだと不安なので残った半分でもう一回包む。
ドライフード並みに小さくして、ぺろっと舐めながらぎゅっぎゅと固める。
(めんどくさがりさん方式。普通の人はちゃんとお水で!)

IMG_6926.jpg
錠剤もすりつぶさず、手抜き。

IMG_6927.jpg

はんぺんを後ろからがっちり捕まえ、口をあける。
包んだオブラートを水に浸す。(これ重要。するっとノドに滑るようになる。)
口の中へ思いっきり入れて、(気管に入ったらと思ってビビってたけどめったに入ることはないらしい。)

口を閉じ、鼻にふっと息をかける。
はんぺん、鼻をぺろっと舐める。

これが飲み込んだ証拠になるんだって。

猫に粉薬を飲ませる方法

http://www.youtube.com/watch?v=-b_3LPtkofk

ちょっとスローバージョン

http://www.youtube.com/watch?v=WPU-a74y1zc

※動画のモザイク、スロー処理はSEffectというフリーソフトを使いました。
http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se207922.html
まだ使い慣れてないので、モザイクが大雑把になっちゃった・・・


うまく行きました!
やっぱり人間がビビっちゃだめなんですね。

これで、もし将来、はんぺんが餌を食べられなくても薬をあげられる自信がつきました♪

薬タイムは一日一回ですが、夜は、一日のお留守番が終わって、はんぺん一番ハイで甘える時間。
このときにホールドして口をあけて・・・っていうのはかわいそうなので、結局、早朝4時半のお夜食?タイムにしました。
薬を飲むのがいやならこの時間に起こされなくなるかもという密かな野望もあったけど、全然効果なし。。。


----------------------------------------------------------
毎日あげてると、はんぺんも学習してきて、私が背後に回っただけで暴れるようになる。
なので、バスタオルでくるっと包んで手足が出ないようにして抱えると、かなりおとなしい。
ちゃんと飲み込んだか不安なときは、シリンダーに水を入れておいて、薬を飲ませた後、奥歯の横から少し水を入れるとごっくん♪

用意したもの
猫の肉球黒オブラート(病院で購入。100円ショップにもあり。)

猫の肉球青シリンダー(100円ショップに化粧水などを別容器に入れるために売ってる。)

猫の肉球紫空カプセル
サイズがいろいろあって(数字が大きいほど小さい)、猫用なら#3より小さいのじゃないときついかも。でも#5なんて職人技を駆使しないと無理ってぐらい小さい。
ドライフードを丸のみできるんだから、フードと同じ大きさなら大丈夫。
私が買ったものは、スポイトやカプセルをちゃんと立たせておく道具などがセットになったもの。
今のところオブラート作戦が成功してるので、まだ使ってません。

【ヤマト】食品用カプセル 3号 60入 1箱

IMG_7037.jpg

2年半ぶり2度目の

病院
04 /09 2011
膀胱炎になりました。
このとき以来2年半ぶりです。

木曜日あたりからやたらと鳴くなあと思ってて、えさをあげても遊んでも鳴きやまない。
だんだん暖かくなってきてから朝起きるのも早くなったんだけど、金曜日は3時半からなきっぱなし。
しょうがないので、私が寝室から連れ出して遊んであげるんだけど、それでもだめ。
そのうち、やたらとトイレに行くことに気づく。
何度いっても砂をかきかきするだけでおしっこがちょびっとしか出てないみたい。

膀胱炎だー。。。

会社休んで病院行こうかと思ったけど、旦那が仕事早く終わってくれるというので、夕方一緒に連れていくことにしました。
前日までちゃんと出てるのは確認してるし(システムトイレだけど、前回の膀胱炎以降、シートは毎日変えるワンコ用のものにしてるから。)まったくおしっこが出ない状態にまでは至って無かったので。

病院でエコーをしてもらって結石がないことを確認。
前回と同様。原因が特定できない「特発性膀胱炎」だって。
2ヶ月以上仕事忙しいの続いてるしね。ごめんねー。
前回もフードを変えた直後だったし、今回も新しいの試してるところだからそういうのも原因かも。
尿がアルカリや酸性に傾きやすい体質もあるそうです。

フード、ロイヤルカナンをメインに使ってるけど、ペットフードってリコールも多く、そうなると一切手に入らなくなるので、何種類かお気に入りを試しておきたいんだけどねー。


IMG_6286.jpg
ここのところお風呂場で遊ぶのが大好きで、蛇口からお水いっぱい飲んでるので安心だと思ってたんだけどーー。


IMG_6301_20110409170502.jpg

帰りにちょこっとreiさんちに寄って、はんぺんご対面ー。
隠れるスペースがないキャリーの中で必死に縮こまっていて笑えました。

IMG_6303.jpg

膀胱炎のときはオマタのメンテナンスが頻繁になりますね。


キャリーの中には、ビビった証拠で毛が束で抜けてました。よく頑張ったね!

一週間お薬飲んでみて、様子見です。
早速今日は2回ちゃんとおしっこが出ていたのですぐによくなりそうです♪

前回よりはお薬上手に飲ませてあげられるといいな。

診察料
エコー
注射
お薬1週間分
------------------
計 9,400円

体重:5.18kg
体温:38.1度

膀胱炎リターンズ

病院
05 /28 2011
はんぺん、またまた膀胱炎に。
火曜日あたりからちょっとおしっこの出が悪くなって、前に頂いたお薬、こういうときのために一個だけ残してあったので、飲ませると、そのときはいいんだけど、また木曜日の朝は出ない。
私も仕事が佳境で毎日日付変更線前に帰る日々だったのだけど、
木曜日、本番当日になって延期になったので、旦那と連絡して夜病院に連れて行ってもらいました。

前回からまだ1カ月しかたってないので先生も首をかしげてる。
おしっこもすごくたまってるわけじゃなかったので、針を刺しておしっこを採取するのはやめておうちで採取することに。


システムトイレでもチップを通すと正確じゃないからチップなしのすのこだけでとってね、

なんて言われたけど。

ただでさえおしっこでにくいのに、そんな状態でトイレするかしら???

ととっても不安。

他のブログで「おたまでとってるよ」というのを見つけたので、おたまを用意して(大きいのじゃなくてお鍋の一人用のやつ。)
はんぺんがトイレにいくのを耳をすませてひたすら待つ(笑)

砂をがしがし、とする音がしたところでそーーーーっと近寄り、

おしっこし始めると猫はとめることはできないらしく(って人間もそうだけど。)
後ろからおたまを差し入れて、

おしっこゲット!!

渡されたシリンジに入れて、今日おしっこだけ病院に持っていきます♪


お薬を飲めばよくなるんだけどね。根本原因がわかればいいなー。

IMG_8545.jpg

病院では「すごい汗ですね
って看護師さんに笑われるほど、汗びっしょり。
おもらししたかとおもうくらい、しっぽもびしょびしょでした。
おしっこの取り方わかったし、これからはおしっこだけ連れていけばいいね!

IMG_8546.jpg
なるべく水分とってほしいので、朝晩あげているスープたち。
スープは好きだけど身は好きじゃない、、、という贅沢はんぺんのために、
身が限りなく細かくなってる老齢猫用をあれこれ集めています。


診察メモ
診察料+お薬 4200円
体重:5.12kg
体温:38.4度



午前中に病院へ尿を届けに。
そしたら病院に救急車と消防車がちょうど到着したのでびっくり!
先生多忙だから倒れちゃったのかと思ったら、飼い主さんでした。

本当に忙しそうで、検査の結果は夜お電話いただきました。
検査の結果は「ストルバイト尿晶症」。
エコーなどでは見えなかったので大きくはないみたいだけど、これからしばらくは溶解食です。
PHも7.0-7.5ということでアルカリ性に傾いてるそうです。

近くのペットプラザで療法食の扱いが始まってよかったー。
まさかストラバイトとおもってなかったので、PHコントロール2は注文してあったんだけど、こちらは維持食なので、もうちょっとよくなってからだね。 
膀胱炎になったのはフードを変えたせいかなと思ったんだけど、よく見たら、マグネシウム0.1%以下、灰分10.5%以下だった。
はんぺんの場合少なくともマグネシウム0.09%以下じゃないと膀胱炎になりやすい。とくにPHが高いので余計にマグネシウムは気をつけないと。
評判のよいフードだったので油断しちゃった。ごめんね。

メチオニンタブも買ってあるけど、療法食との併用はあまり好ましくないといわれました。
(先生によって考え方があるので一概にだめとは言えないと思います。念のため)

はんぺんのワクチンとぶっちゃん動画

病院
10 /29 2012
日曜日、はんぺんワクチン接種に行ってきました。
はんぺんが我が家に来たとき以来だから4年以上たっちゃったけど。
家猫の場合、3年に一回程度が目安です。
ワクチンはとっても怖い病気が防げる反面、腫瘍化するリスクもあり、いろいろ考えちゃいますー。

病院ははんぺん行きつけの病院。
先生の体調が悪くここしばらく午前中のみの診察のため超混んでいます。
10時半くらいに行ったのに終わったのは1時過ぎ。人間の総合病院並みの混雑!
はんぺんみたく病気でない場合はいいけど、体調の悪い猫にとっては待ってる時間は辛いだろうな。。。

まず体重測定。5.24kg。太りましたねーって言われちゃいました^^;
ワクチン接種後、いろいろ健康診断をしてもらいました。
はんぺん、歯が弱いって前に言われていたので気を付けているのだけど、今回は年齢の割にきれいだよ、と言われました。
フードのオーラルセンシティブ、時々あげるジェルが結構効果的のようです♪
動物って人間もそうだけど長生きすると歯が一番やられるもんね。頑張ってお口ケアは気を付けていきたいと思います。



その後血液検査。
5歳の節目に、病院でわかる検査と、外部検査機関にだす検査の両方をやってもらいました。
こうしておけば何か病気になった時に、平時との差が見やすいもんねー。

病院にちょうどMさんがうずらちゃんを連れてきたので待合室でいろいろおしゃべりできてよかったです!
はんぺん、うずらちゃんと久々のご対面
でもどっちも固まっててそれどころではなかったみたい(笑)

代金(個人的メモ):ワクチン代、検査代、お口ジェル代等合わせて2万5000円くらい。
ここまで念入りの検査は次は10歳の時だな。
はんぺん、前回の尿路疾患から1年以上安定しています。フードは準療法食とオーラルセンシティブを混ぜてあげています。

うずらちゃんはフードもはんぺんより厳しく療法食をあげてるのに尿路疾患になっちゃうそうで、ほんと体質ですよねー。






実は、はんぺんにワクチンを接種しようって思った一番の要因がこのぶっちゃん。



毎日朝夕はんぺんの元に通ってきます。
結構太ってるし、この時期なのに発情してる様子もないことから飼い猫かなと思っていたんだけど、昨日雨の中もずっと寒そうにうちの縁台にいました。
やっぱり飼い主いないのかもねー。

はんぺんとの相性ですが、お互い網戸越しに顔を接近させたり逆に猫パンチ(軽めのジャブ)をしたり、いいんだか悪いんだかわからない感じ。


これから寒くなるし、旦那もかなりぶっちゃんを気に入っていて(私以上に。)はんぺんとうまくやっていける様なら飼ってもいいかなと考えてます。
我が家でごはんをあげてるわけじゃないのに毎日来るのは、はんぺんのことを気に入ってるのかな。
でも、特に人馴れしてるわけじゃないので飼い猫になってくれるかはかなりの難題ですけど。

はんぺんとも網戸越しならいいけど、実際近づいたらどうかわかんない。
来年早々に引っ越す予定で、はんぺんにとって引越し&新しい猫というダブルのストレスは絶対に避けてあげたいので、このまま網戸越しの対面をしばらく続ける予定です。



縁台で遊ぶぶっちゃんとそれをみつめるはんぺん。

膀胱炎

病院
03 /19 2013
はんぺん、2年ぶりに膀胱炎になっちゃいました。
ブログ書いておくとこういうとき便利ですねー。
はんぺんの場合、寒くなる時期よりも春先になることが多いなってのもわかります。

今朝からやたらニャーニャーと鳴く、トイレに何回も行く、そのたびに少ししかおしっこが出ない、
という典型的な症状だったため、午前中会社をお休みして病院へ。

先生、体調よくなったようで午後の診察が復活したせいかそんなに混んでなかったです。

いままでエコーでは一度も結石や結晶が見えなかったのに今回は5mm程度のかたまりが。
猫にとって5mmって大きいですよね。ごめんね。
準療法食をあげ続けてるのに膀胱炎になってしまうということは体質的にしょうがないと言っていました。
療法食をずっとあげるというのは腎臓に負担がかかりそうでそれも怖いんですよね。
缶詰は好きなものをあげてるけどそれもちゃんとしたほうがいいっぽいことを言われたけど、おいしいもの食べさせたいしねぇ。。。

体重も10月末が5.24kgだったのに今回は4.88kg。
ベスト体重とはいえ、特に意識してダイエットさせていたわけじゃないのに驚きです。
先生も驚いていたのでちょっと痩せ方が早すぎみたい。
5kgぐらいに維持させてあげたいな。



これからまた療法食のPHコントロール0から。投薬も久しぶりだなー。
お引越しまで4週間。
ちょっと前から実家に預ける予定だから3週間あればなんとか治療も終わりそうで安心です。
実家に行ってるときに発症しなくてよかったです!

引越し準備やら何やらで知らない人の出入りが増えたし、家具はどんどん減ってくしストレスありだよねぇ。
いっぱい遊んでストレス発散させてあげようと思います。

メモ
検査代、治療費、療法食、薬代等 11000円。

体重:4.88kg
体温:38.5度

じゅんこ

はんぺん♂
我が家に来たのは2008年3月12日
静岡の海岸で保護。
とっても優しい保護主さんたちと
近所のみんなにかわいがられ、
初めて猫を飼う飼い主宅にやってきた。