検査結果

癌との生活
10 /05 2017
癌かもしれないといわれて、泣きまくって週末を過ごし、月曜日出社。
会社で同僚とたわいない話をするととても気がまぎれました。
あんなに食欲がなかったのにお腹がぐーぐーなります^^;
それでも、ちょっとした瞬間に涙が出そうになってぐっとこらえる名人になりました。

はんぺん、週末はどことなく元気がなかったけど病院に行ったせいと全身麻酔の影響だったのか、週が明けたら元気!
カリカリもいっぱい食べます。ただ奥歯がグラグラしているのでひっかかるのが食べにくそうでした。
そのせいか、顔も若干腫れています。それがまた悲しくて・・・

IMG_4428.jpg
憂鬱げ~。


夜もちょうど寒くなってきたので、腕枕で寝てくれます。正直肩がコリコリになるけど、あと何回か、なんて思っちゃったらそれもうれしいことに思えます。
とはいえ、急激なストレスや緊張で、私は片頭痛続きでしたけど・・・

できるだけ写真や動画を残しておこうと思って、ちょっとしたときに写真撮りまくりです。
カメラやスマホが嫌いなはんぺんにはいい迷惑なんだけどね^^;

火曜日あたりから私もずいぶん覚悟が決まり、癌闘病生活の猫ブログを見るのもつらかったのに、見ても泣かなくなりました。
さすがに最後の瞬間の記事は読めませんが。

水曜日。はんぺん、うんちんぐハイで走り回るし、顔の腫れもひいてきて、もしかして本当に炎症?ってふと考え、でも、、って打ち消します。
期待すると違った時の落胆が大きいから。
ご飯は欲しがるだけあげます。あんなにダイエットって気にしていたのにね。

お昼に病院へ電話。
検査結果が出たか聞きました。
先生から
「出ましたよ。やっぱり悪性の癌でした。扁平上皮癌ではなかったけどね。」
とのことで、はんぺんは連れてこなくていいから一度話を聞きに来てくださいと言われました。
最初ははんぺんを連れて行かなきゃって思っていたからすごい憂鬱だったのだけど連れてこなくてよいと言われて安心です。
「はんぺんちゃん元気でしょ?」って言われたので「はい!もうめちゃくちゃ元気です」って伝えました。

------------------------------------------------------
夕方、夫も猛ダッシュで仕事から帰ってきてくれたので一緒に病院へ行きました。
病理検査結果は「軟部組織肉腫(軟部組織腫瘍)」。柔らかい組織にできる癌の総称で、一番可能性があるのが線維肉腫。
扁平上皮癌は表面にできることが多いが、はんぺんの場合、上奥歯の外側歯茎の内部に癌ができています。
現在手の指の爪ぐらいの大きさに歯茎が膨らんでいる。マズルの下あたりを外側から触ると左右比べてやっとわかる感じ。

今後の治療方針として、
積極的な治療
・手術
上顎の奥歯の上の歯茎はなかなか難しい。目とか鼻とかに影響があるかも。食べられなく可能性もある。
手術の写真をあれこれ見せてもらいましたが、顎の長い犬は予後も良いけど、猫は鼻先、顎先等がメインかなと思いました。

・抗がん剤
何癌かによってすごく効く場合とまったく効かないものがある。

・放射線治療
一番効く可能性があるし副作用も少ないけど静岡県内では最新機器がないため名古屋等に通う必要がある。毎週複数回。

積極的じゃない治療(治せるわけじゃないから措置?)
・サプリメント
サンプルをいろいろ取り寄せてくれるとの事。まずはその子が飲むかどうかが問題だから。

・インターフェロン

・丸山ワクチン
人間でもすごく効く人がごく一部。毎日注射、休み、の繰り返し。やるとなったら自宅でやらないと大変。

・消炎剤
癌を小さくするとかそういうものではないけど、症状が治まることは多い。

です。

積極的な治療でやれるものは私としては抗がん剤ぐらいかなと思うのだけど、これについては癌の特定が必要なので、もう一度今度は大きめに組織を取って病理検査をする必要がある。
その際にグラグラしている歯が取れてしまう可能性があり、それが癌を拡散させる懸念がある。

とのことでした。
で、もうちょっと癌が大きくなってからじゃないと組織をとれないので、毎日ほっぺたを触って大きさを確認することにしました。
抗がん剤については辛いイメージしかなかったのでそう伝えましたが、先生は
「人間の場合は延命のために使われるので副作用がきついイメージがあるけど、動物に対してはQOLを目的として弱めのものが多いんですよ。」

とおっしゃってくれたのでちょっと気持ちが傾きました。

夫も知らないうちにいろいろ調べてくれていたみたいで・・・うれしかったです(*^_^*)
放射線とかそういうのも私よりは意欲的な感じでした。

お昼に聞くまで扁平上皮癌を想定していたから治療というより緩和しか考えていなかったので、逆に一気に選択肢が広がってとまどっているところです。

とりあえず、たぶん今はノミ騒動がなく病院にかからなかったら癌なんて思いもせず生活をしていた期間だと思うので、免疫力アップのためにできるだけ栄養をつけて、気持ちよく生活できるようにしてあげようと思います。

扁平上皮癌を想定していたからブログをあれこれみて数か月で顔面が崩壊していくのを想像していた、
もし、線維肉腫だったとして最後はどういう風にたどりますか?とお聞きしました。
やっぱり顔面だということで、同じような最後になると思う、とのことでした。
速度に関しても、すごく幅広い癌で今はわからないとしか答えようがないようです。
線維肉腫のほうが扁平上皮癌よりも余命が長いとかそういうわけでもなく、結果は同じなのでいろんなブログを見て強烈な恐怖をうけて強い覚悟をきめておけたのはよかったかなと思います。

いろいろ本当に細かくお話ししてくださるし、看護師さんもじっくり話を聞いてくれて、いい病院にかかることができてよかったと思います。
どういう選択肢があるかってすべて言ってくれるってなかなかすごいことです。


今は、、ネットであれこれよさそうなサプリを探しまくっちゃう・・・飼い主の自己満足だとしても。

抜歯手術→診察

癌との生活
10 /03 2017
ノミが発見されてから2週間。
再診察に病院へ。

ノミはすっかりいなくなり、おなかの皮膚も赤みがなくなりました。
というわけで、前回言われた歯を見てもらうことに。
あまり調子がよくないので抜歯しましょうとのこと。
10歳だしなるべく早い方がよいと思ってお願いしました。

抜歯は9/30に。

朝から絶食ではんぺん超不機嫌。
私も絶食し、リビングに行くとうるさいのでずっと寝室にいました。
10時になり病院へ。
全身麻酔のリスク(年齢的にリスクは低い方から2番目)
抜歯の可能性は右上、左下の2,3本
料金 3万円くらい
と、事細かに説明してくださいます。
最初に抱っこして「がんばろーなー!!」と言ってくれるとても優しい先生です♪

はんぺんを託して帰宅。
全身麻酔から目覚めない子もいるのでドキドキでしたが、気を紛らわせようとお掃除したりメルカリ出品、発送準備などなど。

夕方夫と病院へ。
受付の方が、「あ、はんぺんちゃんですね!」と笑顔で言ってくださったので、無事麻酔から覚めたんだなと一安心です。

診察室に入ると先生が
「まずお話が」とのこと。
右上歯茎にしこりがみつかり抜歯を中止した。
しこりをきりとって病理検査に出した。
麻酔をしなければ取れないのでいいタイミングだったと思う。
取ったところ、骨が内部で溶けており、そのせいで歯がグラグラしている。
このしこりの可能性がガンかもしれない・・・
といったところで、あわてて車の中で待っていた夫を呼びます。

二人で一緒に話を聞きました。
可能性が一番あるのが
・扁平上皮癌
・その他の癌
・ただの炎症
とのこと。

まずは検査の結果が来週早々にでるのでそれをみて治療方針を決めましょう、ということになりました。

夫にはんぺんを預けて診察料を払います。
今までカードだめだと思っていたらOKでした。
麻酔や検査代等で32000円。

車の中ではんぺんはキャリーから顔をだしきょろきょろしていました。かわいいー♪



家に着いて、買っておいたウエットフードをあげました。
抜歯をしていないのでカリカリでもよいとのことでしたが、写真をみせてもらったときに検査に出したところからかなり出血していたのでなんとなくウエットがいいかなーと思って。

それから、はんぺんを保護してくださって以来長い付き合いのreiさんにメール。
「はんぺん、抜歯できなかった。癌かもだって」
などなど。
癌についてはそんなに調べていなかったけど、顔の癌はどんな動物でも予後は悪いなと思っていたので、もし癌なら積極的に治療しないつもり、と伝えました。

ドラッグストアに行って、かたっぱしからはんぺんが食べそうなウエットフードを買い集めました。
家にもどってからネットで扁平上皮癌を調べると、想像以上のことが書かれてあって、ここで一気に涙が出ました。

だいたい余命は3か月くらい。
顔面が崩壊してきて、顔が半分になってしまうこともある。

はんぺんは10歳と高齢ではないので、もしかしたら体力がある分辛いことが長引くかもと恐怖でした。
reiさんが来てくれて、はんぺんを見せようと思ったけど超ダッシュで逃げちゃったので無理でした。

夫は泣いてる私のことをまだ決まったわけではないのにと不思議そうでしたが、彼はどんなときも楽天的なのです。
二人で悲しむよりいいかなって思いました。

IMG_4393_2017100510255520e.jpg

10/1(日)
はんぺんはごはん(カリカリ)を普通に食べたけど、また病院に連れて行かれるかもと思ってベッドの下に隠れたきりになっちゃいました。
なんとなく麻酔の影響か元気もなく心配。
私は悲惨なくらい目が腫れていて夫から
「はんぺん、声はきみなのに顔がきみじゃないから戸惑ってる」だって^^;


何をするにも涙が出てきます。

気を紛らすために、保護活動用に寄付していただいたフリマ用をメルカリに出品。
良い品ばかりだったので、出品と同時に何点も売れてしまいました!
なのでそれらを発送するために宅急便の店舗に行ったり、夫が作ってくれたお昼ご飯を食べました。
まったく食欲ないけど、胃薬を飲んで無理やり食べました。
こういうとき、普通にしていられる夫はすごいと思います!

はんぺんは、ベッドの下から出てきてお気に入りの自分のベッドで寝ていました。よかった。
その姿をみたら少し安心しました。

抜歯のことを心配してくれた母からも電話があり、もしかしたら癌かもって伝えました。

夜、夫が出かけている間、はんぺんとゴロゴロ。はんぺんは抱っこや添い寝が大好きなのです。
ずっとこうしていたいね。

しばらくトップ固定♪

はんぺんの日常
09 /21 2017
Instergramをマメに更新しています!
http://www.instagram.com/hanpen1021/

何かご購入する際は以下から検索してくださるとうれしいです。
いただいたポイントは保護猫の餌購入費に使います。




子猫や保護猫の治療費を賄っています。
もし不要なお洋服、日用品などがありましたら是非フリマ用に提供してください♪
hanpen1021@gmail.com
までご連絡ください!折り返しご連絡します。

なんとノミ!!

病院
09 /07 2017
おととしおなかがカユカユになってしまったのだけど、今年もまた8月終わりくらいからおなかカユカユに。
食べ物アレルギーか、なにか虫かわからなかったので、仕事がお休みだった夫に昨日病院へ連れて行ってもらいました。
行きつけの病院はちょっと遠いのと猫の専門病院ということでよかったんだけどお休みも多いし混んでるし、
ということで、最近野良猫の避妊手術をお願いしている近所の病院をこれからのかかりつけにしようかなと思って行ってもらいました。

待合室でも猫は毛布をかけてくれたり気を使ってくださいます。
で、結果はノミ!
ちらっと虫が見えたと思ったんだけど、ノミでした・・・・
外にも出してないのに、ですが、家で観察してみると捕獲器の周りにノミの死骸が1個落ちてました。
もっときれいに洗ってからお家にいれればよかった・・・・

はんぺん、本当にごめんね。
ブロードラインという最近使われるようになったノミのスポット薬をしてもらって、かゆみ止めの抗ヒスタミン薬をしばらく飲み続けます。
おなかを見てみると、生きているノミが3匹くらいいました。捕獲して水につけて処理。
夜中すぎてから、ノミ取り櫛で梳いてみると死んだノミが3匹くらい取れました。
朝は櫛では取れませんでした。
お気に入りのキャットタワーはコロコロでお掃除。

これだけいるってことは部屋にもいっぱいいそうです。
お掃除をマメにしなきゃ、ということで、ルンバに加えて普通の掃除機も投入。

あとはノミ取りシート。
ノミとりホイホイという光で集めるタイプです。
Amazonのプライム会員になったのでバシバシ買い物しちゃいます♪



お薬はいつもオブラートに包んで水につけて喉にするっと投げ入れて、口を閉じて、鼻にふふっと息をかけるとごっくんしてくれます。
IMG_4094.jpg

病院代メモ
S病院(初めて)
初診代・カルテ作成代
ブロードライン
お薬
計5000円。
ていねいに説明のファイルも作ってくださいました。

Withくんも正式決定

新入り猫受け入れ
08 /07 2017
ちえみちゃんたちの翌日、With君も正式決定しました!
Withくんは保護して早いうちに、ナッツちゃんを預かってくださったMさんの紹介で決まっていましたので安心して他の子たちの里親さん募集をすることができました。
とはいえ、先住の猫との相性を見るのに2週間。ドキドキ不安だったと思いますがじっくり合わせてくださいました♪

これで5/4生まれ6/8保護のちえみWithB兄弟は全員新しいおうち決定です!
保護して2か月。預かってくださったreiさんには大感謝です!
残りはナッツちゃん。
昨日譲渡会に参加させてもらっていい話が進められそうですー♪あと一息。

じゅんこ

はんぺん♂
我が家に来たのは2008年3月12日
静岡の海岸で保護。
とっても優しい保護主さんたちと
近所のみんなにかわいがられ、
初めて猫を飼う飼い主宅にやってきた。